QDFを上手く利用する

良質な記事を書こうと思ったときには、QDFを意識することが大切です。QDFは「Query Deserves Freshness」の頭文字を取ったもので、新鮮(新しい)話題は検索の上位に表示されるという仕組みを指しています。例えば芸能人などの名前を検索すると、普通はwikipediaや芸能事務所のページが検索トップに上がります。しかし、例えばその芸能人が何かしらのニュースに取り上げられるようなことが多くなった場合、芸能人の名前を検索すると、検索上位に上がるのはそれらのニュースになります。「多く検索されている」というキーワードは、現在のニーズに合わせて検索順位が変えられているのです。この仕組みを自分のサイトでも使うことができれば、検索上位を狙うことも可能になります。QDFを活用するときには、何よりタイミングが重要です。今話題になっていることを、数ヶ月後に公開しても遅すぎるという状態になってしまいます。情報は生モノということを理解して、できる限り早めの対応ができるようにしておきましょう。盛り上がっている話題の探し方はさまざまです。テレビや新聞などのマスメディアや、ツイッターなどのSNSでのトレンド検索、Yahoo!のリアルタイム検索などを利用して、現在話題になっているものは何かを調べていきましょう。とは言え、盛り上がっているからと自社のサービスなどに全く関係ないことばかり書いていれば、ホームページの方向性が迷走してしまいます。なるべく自社サービスにつなげることのできる話題を探すようにしましょう。また、盛り上がっている話題は一時的なことになりやすいことも多く、時間が経つと注目してもらえなくなります。多くの数の記事を書く、時間が経っても楽しく読んでもらえる記事を書くなどの工夫が必要になります。

コメントは受け付けていません。