商圏の狭さとSEO効果

SEO が不向きとされるビジネスジャンルの中には、商圏の「狭さ」が挙げられているようで す。 SEO 対策は、条件が広ければ広いほど、効果的に活用することができるなどとも考えられているようですが、逆にその条件の狭さが仇となって、その対策を行ったからといっても、効果的な活用法を見出すことができないなどといったことがあるようです。商圏の狭さは、その SEO の効果が、必要とされるエリアが狭いということを表します。例えば、ネット通販などにおいては、ネット上で商品のやりとりや購入の手続きまで完了させることができますので、条件が広いというような形に、あてがうことができるでしょう。ですが、街中の個人営業するようなお魚屋さんやが、 SEO 対策を行ったとしても、その影響力を及ぼす地域的なエリア範囲が狭すぎることから、インターネット上で、実際に、検索のランキングが、上位に至ったとしても、その価値としては、なかなか効果的には、棄できないのではないでしょうか。何よりもマーケティングや、広告といったものは、その業種やジャンルに沿った形で、選択されるべきものですから、全てにおける万能なプロモーション方法はないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*