ペルソナマーケティング

マーケティング戦略の中に「ペルソナマーケティング」と呼ばれるものがあります。この手法は、とてもユニークなマーケティング戦略なのですが、大規模な企業や有名企業でも取り入れているようなメジャーなビジネスモデルとなってきております。「ペルソナマーケティング」などと、横文字で呼びますと、なんだか複雑なマーケティング戦略かのようなイメージがありますが、その手法はいたってシンプルです。皆さんが提供したいと考える商品やサービスを、実際に使用したり購入したりする人物を具体的に創り上げていく事が戦略のメインとなります。ここではC社のキャットフードとネコトイレを販売する為の「ペルソナマーケティング」を試みていきましょう。【C社のキャットフード、ネコトイレ戦略/ペルソナマーケティングtypeA】・氏名:月島ねねこ ・年齢:38歳 ・独身 ・1人暮らし(都内の分譲マンションを昨年購入済み) ・職業:イラストレーター兼、コピーライター(昨年までは、広告代理店でOLをしていたが、現在はフリーで活躍中) ・恋人募集中 ・昨年のマンション購入時に、2匹の子猫を友人宅から引き取る(♀:ネコと♂:トラ) 【C社のキャットフード、ネコトイレ戦略/ペルソナマーケティングtypeB】・氏名:藤堂よねじ、藤堂フミ ・年齢:83歳、80歳 ・夫婦 ・2人暮らし(子どもたち2人は、所帯を持ち地方へ転勤) ・昨年、長年住み慣れた一戸建てを手放し、介護付き高齢者マンションに移り住む ・高齢の猫2匹(♀:あんずと♀:キー) このような形で、C社のキャットフード、ネコトイレを購入しているという前提でお客様のモデルを創り上げ、ターゲットを具体的に絞った人々に向けてのマーケティングを行って行くのです。今回は、分かり易いように2パターン作成しましたが、「ペルソナマーケティング」の基本は、具体的な顧客像を1人に絞り込む事です。このようなマーケティングの手法のメリットは、無駄な宣伝費や企画を練らなくても済むという利点と、ターゲットを絞った顧客層に確実に響くような、マーケティング戦略を繰り広げる事できる利点があります。もちろん、ターゲットの絞り混みの「的」を外してしまうと、反響が薄いというデメリットもあります。SEO対策の中での「キーワード」選びも、大きくその「的」を外してしまうと何の反響も得る事ができない可能性もあるので、「ペルソナマーケティング」とSEO対策の「キーワード」の「的」選びは、戦略の工程の中でも慎重に行わなくてはならないプロセスの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*