正規化が必要なURL

URLの正規化というのは、どのようなものの場合、必要になると言えるのでしょうか。たとえば、サイト内での順路となるようなものを確認したり、広告ごとの効果を固定するために、リンク別にパラメータを付与したり、同じページ内にパラメータを付与したりして識別させようとするケースなどの場合、重複ページと認識されてしまう可能性があると言えるでしょう。ほかにも、末尾のindex.htmlなどの有無や、スラッシュの有無についても注意しておくべきといえるでしょう。気付かずに重複しているケースというのはよく見受けられるようです。また、統一したい場合には、特に理由がなければ「無し」を選ぶと、URLが短くなり、シャープになって良いでしょう。さらに、サイトの様式が変わり、拡張子が変更になったとしても、問題なく使用できると言えるでしょう。ドメインのWWW.の有無というのにも注意しておきましょう 。統一する場合、基本的にどちらでも構わないと言えますが、自社サイトのプランディングによって統一するのが良いと言えるでしょう。「URLには必ずWWWが付くもの」といった認識を持った人も少なくないため、プレスリリース発行などの際に勝手にwww.を{寸けられてしまうことも考え、最初からつけておくというのも対策としては挙げられるでしょう。既存のサイトで、すでにある程度のリンクを獲得しているといった場合や、印刷物を発行しているといった場合には、 そちらのURLに合わせておくと良いでしょう。暗号化の有無によってもURLの構成が変わってくると言えるので、大手の検索エンジンが推奨していることもあり、できるだけ暗号化することがおすすめでしょう。ただし、自社サイトの状況をきちんと見極めた上で決めなければならないともいえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*