ブラウザで異なるフレーム

◎表示が異なるフレーム

お気に入り機能(ブックマーク)を使用し、ページを再表示した場合、表示したブラウザによっては異なる内容になってしまいます。Explorer の場合は、フレーム内部に記録されていた情報も記録されることで、目的のページにたどり着くことができます。ただ、同じフレームを使用する他のページを、さらに加えてお気に入りに追加しようとした際に問題が起こってしまいます。Explorerはフレームの中の情報も記録することが可能ですが、各ブックマークの識別そのものはブラウザのURL欄のURLで行われ、且つ同じURLを複数追加することは不可能に設定されています。なので、同一のフレームを使用して表示したページの場合は、それぞれ違ったページを表示しても、2回目にページを追加する時に、最初に追加したページを上書きしてしまいます。 Firefoxの場合、表示されるページは、記録されているURLに最初にアクセスした時のページです。切り替え後のページの情報は失われてしまっています。