フレームページのためのSEO対策

◎SEO対策におけるフレームページ
フレームでホームページを必ず使いたいか、もう既にフレームを使っていて、円滑に更新できないような場合、どうするのが正解なのでしょうか。SEO対策でのフレームの特に大きいと言える問題点は、「フレ ームを設定しているファイルに何の情報も含まれていない」ことなのです。できるだけ多くの情報をファイルに書き込むように心がけることが大切です。まずは、題名と< meta>タグをきちんと設定することです。題名はSEO対策において、とても大事な内部対策なのです。タグについては、最近見かける検索エンジンでは重視されなくなってきたように感じますが、重視されなかったとしても、通常テキストと同等の扱い受けることができるので、今回のような場合はロボット向けにmetaタグの記述はしておきたいものです。
タグを利用する方法もあります。タグは、フレーム非対応のブラウザにページを表示させる情報です。本来であれば、フレームに対応できないブラウザで何も表示されないという状況を起こさないために活用するものですが、検索エンジンのロボッ卜に情報を与えたい時も、フレームに情報を入れるという方法があります。

◎自社でSEOを行い、WEB資産を自分たちで管理しよう
企業のホームページで活用するキーワードやSEOから得ることのできる情報は、会社の資産であるといえます。その資産を、あなたの会社では誰が管理しているのか、考えたことがあるでしょうか?もしもSEO業者に外注して作業をお願いしているのであれば、なるべく早くに社内で管理するべきだと言えます。ホームページでのSEOを業者に依頼したことがある人はお分かりだと思いますが、開始前に必ずいろいろと質疑応答をしなければなりません。この質疑応答、つまりヒアリングをしないと、SEOが行えないからです。つまり 、このヒアリングで回答した内容は、会社のホームページの機密情報であるのです。それなのに、お金を払った上に他社に教えなければならないのなら、自社で管理するほうがよいことは明らかです。 SEOによって得ることのできる情報は膨大であり、その情報の多くが会社の資産となる部分なのです。