フレームページ

◎メリットが少なすぎるフレームページ
SEO対策における検索エンジンは、フレームページとはなかなか合わないと言われます。なぜなら、フレームを使うとSEO対策がしづらくなるからです。

「フレーム」とは、ページを分けて、 HTMLを複数表示することができる機能です。

フレームを使用しているホームページ、各フレームごとにスクロールバーが表示されるのが特徴です。画面の左右それぞれにメニューと実際のコンテンツを表示するとしましょう。

フレームを使うことによって二つを別々のファイルに分割することが出来る上に、メンテナンスや情報の更新が非常に楽になるのです。そのため、一時期はかなり使用されていたと言えます。

しかし最近は、フレームを使用するサイトは段々と少なくなってきています。主な理由に、フレームは検索エンジンとの相性が良いとはいえないということがあるかと思います。

つまりSEO対策(=検索エンジンの検索結果表示順位を上げる対策)という観点から見ると、フレームというのはあまり望ましくないということが言えるのです。

SEO対策を行っていく上ではこのように、ちょっとしたコツを押さえていくだけで、順位に非常に影響が出ることがあります。

予算が限られている場合でも、格安SEOを専門に手掛けているプロの業者も多く存在していますから、そういった企業に相談してみることで案外すんなり解決するかもしれませんよ!

商圏の狭さとSEO効果

SEO が不向きとされるビジネスジャンルの中には、商圏の「狭さ」が挙げられているようで す。 SEO 対策は、条件が広ければ広いほど、効果的に活用することができるなどとも考えられているようですが、逆にその条件の狭さが仇となって、その対策を行ったからといっても、効果的な活用法を見出すことができないなどといったことがあるようです。

商圏の狭さは、その SEO の効果が、必要とされるエリアが狭いということを表します。例えば、ネット通販などにおいては、ネット上で商品のやりとりや購入の手続きまで完了させることができますので、条件が広いというような形に、あてがうことができるでしょう。

ですが、街中の個人営業するようなお魚屋さんやが、 SEO 対策を行ったとしても、その影響力を及ぼす地域的なエリア範囲が狭すぎることから、インターネット上で、実際に、検索のランキングが、上位に至ったとしても、その価値としては、なかなか効果的には、棄できないのではないでしょうか。

何よりもマーケティングや、広告といったものは、その業種やジャンルに沿った形で、選択されるべきものですから、全てにおける万能なプロモーション方法はないのかもしれませんね。